自分の仕事が地図に載る。
そんな喜びをかみしめながら。

軌道課 新幹線作業所 諫早工区

永田 大貴 / 2012年入社

軌道課 新幹線作業所 諫早工区 永田大貴

子どもの頃から好きだった「線路」。
今では自分の仕事に。

子どもの頃から、線路の分岐ってどうやって作るんだろうと思っていたんです。鉄道が好きだったんですね。ですからわたしは迷うことなくJR九州グループの三軌建設への入社を決めました。海外の新幹線や全国の地下鉄業務など、九州以外の仕事も幅広く手がけていることにも魅力を感じました。入社してちゃんと線路の分岐の作り方も分かるようになり(笑)、今はそれを組むのがわたしの仕事となっています。
現在はJR九州へ出向し、長崎新幹線新設工事の現場管理業務を担当しています。図面作成や使用材料?機械の管理、発注などが主な仕事です。たとえば10mのレールを引くということになれば、どんな機械が、どんな材料が、何人の作業員が必要か、と見積もりをする。そして協力会社やリース会社に機械や人数の手配をし、その日の作業にのぞみます。毎日がその積み重ねです。

軌道課 新幹線作業所 諫早工区 永田大貴の仕事風景

「キミと仕事がしたい」と
言ってもらえる人間になりたい。

現場管理では発注者や協力業者とのコミュニケーションが不可欠です。どんな時でも気軽に話しかけてもらえるように、笑顔をたやさないこと、そして質問が来たらすぐに的確に答えることを心がけています。そのためには前日までにどんな質問が来るかを予想し、準備をしておかなければなりません。対応力はかなり身について来たと思います。また現場が変わるたび新しい出会いがあり、今では貴重な人脈となっています。これからも「ほかの人ではなく、キミと仕事がしたい」そう言ってもらえるくらいの信頼を得て、成長していきたい。そして、三軌建設の発展に寄与する人材になりたいと思っています。

軌道課 新幹線作業所 諫早工区 永田大貴の仕事風景

自分の仕事の軌跡が、
地図に載る喜び。

軌道の仕事は、列車を安全に時刻通りに運行できるよう補修工事をすること。そして人びとの移動時間短縮に貢献する高速鉄道の新設工事を行うこと。地道なうえに、たった1mmの誤差も許されない安全性が求められる仕事です。ハードに思われるかもしれませんが、今日もわたしたちの仕事は、人びとの安全で快適な移動を支えています。自分がやって来た仕事が、グーグルなどのマップに載るのはやはり嬉しいもの。仕事に意義ややりがいを求める人に、おすすめしたいと思います。

ENTRY

艳母动漫_男女啪啪_种子搜索神器