人びとの生活基盤を支えるという、
誇りを胸に。

福岡支店 唐津工事所 土木

大石 祐樹 / 2008年入社

福岡支店 唐津工事所 土木 大石祐樹

人びとの生活基盤を支える
「土木」という仕事の大切さを学んで。

もともと父が建築の仕事をしていたので、建築か土木に進みたいという意識があり、大学は社会開発工学科に進みました。そして学んでいくうちに土木の大切さを知ったのです。特に鉄道は、人びとの暮らしを支える大切な生活基盤です。わたしもその基盤を支える人材の一人になりたくて三軌建設に入社しました。現在は土木事業部で、列車を日々安全に運行させるために橋梁や高架橋の修繕工事を行っています。現場では現場で一番大きな責任を担う工事管理者として、構造物の品質や出来形管理、従事員のみなさんの安全管理を行っています。
三軌建設の業務においては、さまざまな資格が必要です。ですから技術研修や心得研修、予算管理にいたるまで人材教育は充実しています。一年目や二年目はもちろん、工事の「長」となるために、段階を踏んで高度になってきます。わたしは現在、副所長で所長研修を受けているところです。

福岡支店 唐津工事所 土木 大石祐樹 仕事風景

頻発する自然災害から
社会のあたりまえの毎日を守る。

豪雨災害が、九州では頻発しています。先日も担当エリアである佐賀の唐津線で豪雨災害が発生しました。路盤まで大きく崩れた線路を中一日で復旧させ、災害発生翌々日の始発から列車を走らせることができました。お客さまがいつものように列車に乗っている姿を見ると、自分のやっている仕事が人びとの生活に役に立っているのだ、と誇りに思います。
日々工事を進めていくと、決断しなければいけないことがたくさんあります。それはどんな仕事でも同じだと思いますが、当社の場合、同じことはまずありません。日々状況が変わるなかで、どれだけ早く正確に指示を出せるか。この会社に入って身についたのは決断力と責任感だと思っています。これからも、技術力、コミュニケーション力、さまざまな自分自身のスキルを向上させ、何事にも対処できる力を養っていきたいと思います。

福岡支店 唐津工事所 土木 大石祐樹 仕事風景

「石の上にも三年」
その言葉を信じて頑張って欲しい。

何事も初めはきついものです。建設業はやはり体力が必要。そして慣れない環境での仕事は正直ハードでした。しかし「石の上にも三年」とはよく言ったもの。3年経ったら見えてくるもの、分かってくるものが必ずあります。途中で投げ出さずに、励んでもらいたいと思います。そのためにも学生時代はしっかり基礎の技術や知識を学んでおいてください。あとは経験して育んでいくもの。一緒に頑張っていきましょう!

ENTRY

艳母动漫_男女啪啪_种子搜索神器